FC2ブログ

ピコちゃんとぷりん妖精さん 神様へ会いに行く №2

続き





***  底なしのピコちゃん & 今夜はお泊り ***

神様から「おうちへ帰るハンコ」を頂いたピコちゃん。
妖精さん達と一緒に、神様に「ありがとうございました」とお礼を言いました。

さっきまで怒っていた神様はニコニコして、
「少しゆっくりして、気を付けて帰りなさい」と、優しく声をかけてくれました。
そして杖をひと振りするや、背後の壁がサッと消え、またいい匂いが!

またまた落ち着きがなくなるピコちゃん。
匂いがする方へと歩き出しました。
妖精さん達は「また帰る前に寄ります」と神様に言って、ピコちゃんの後を追う。

どこまでも続く真っ白な床に、沢山の動物たちがいます。
みんな思い思いにお口をモグモグ。
ピコちゃんと妖精さん達もモグモグ。
匂いを嗅いで「これが食べたい」と思ったものが、次から次へと出てきます。
でも実際に食べ物がある訳ではありません。
それは何と言うか、、、モヤッとした霧のような塊。
お腹がいっぱいになる訳ではないのですが、みんな満足そうにしています。
ほとんどの子がモグモグし過ぎて顎が疲れたか、飽きてその場を離れます。

お腹がいっぱいにならないピコちゃんは、いつまでもいつまでもモグモグしてます。
妖精さん達の100倍? いや1000倍?はモグモグ、、、
ピコちゃんの食欲に、妖精さん達は呆れかえっていました。

3時間が経とうとした頃、底なしのピコちゃんもさすがに疲れたようでお目目がショボショボ。
その場を少し離れて歩き出すと、目の前にフワフワな毛布のベッドが現れました。
ベットにのり、丸くなったピコちゃん。
ピコちゃんの寝息を聞き、妖精さん達も安心し、ピコちゃんを取り囲むように眠りにつきました。





*** ピコちゃんがいない、、、 ***

夜が明けて随分と時間が経ち、お日様がお空の真上昇ってきた頃、
お寝坊の妖精さん達は、やっと目を覚ましました。
ふと見ると、真ん中にいたはずのピコちゃんがいない!!

探しにいくと、昨日と同じ場所でモグモグ。モグモグ。
そろそろ帰らないといけないのに、、、

困った妖精さん達はピコちゃんをそのままにして、神様の元へ走って行きました。





*** 神様、お願い ***

妖精
「神様、お願いがあります」
神様
「ぷりんちゃん、なんだね?」
妖精
「もう帰らないといけないのに、ピコちゃんが食べ物に夢中で動きません。。。
少しの間、匂いを消してもらえませんか?」
神様
「ぷりんちゃんごめんね。。。
他の子達もいるからね、それは出来ないんだよ。
なんとか頑張って門の外まで連れて行きなさい。
門番にピコちゃん達が外に出たら、しばらく門を閉めるように言っておくから、
その隙に帰るんだよ」





*** 作戦成功 ***

ピコちゃんの元へ向かった妖精さん。
ピコちゃんは、まだモグモグ。
目の前に立ちはだかってみたけど、「ちょっとどいてー」って鼻で押しやられた!

11匹集まって、作戦会議を始めた妖精さん達。
会議が終わると、その内の2匹がピコちゃんの鼻の穴に同時に飛び込んだ!
暫くすると、食べ物の匂いがしなくなったようで、その場を離れ歩き出したピコちゃん。

眠くなってきたピコちゃんの目の前にベッドが現れた。
ベッドに乗ろうとした瞬間、
9匹の妖精さんがピコちゃんを抱え上げ、大急ぎで門へ向かう。

妖精
「神様ありがとう。さようならー。 門番さんもありがとう。さようならー。」





*** 帰路につく ***

ピコちゃんを抱え、門の外へでた妖精さん達。
鼻の中に入っていた2匹の妖精さんが、ポイポイと飛び出る。

ピコちゃんを見ると、スヤスヤ寝てる。
ピコちゃんと一緒に、みんなでお空を飛んで帰るつもりだったが、予定変更。
行きと同じように、1匹が先導し、10匹がピコちゃんを抱えて帰路につく。





*** 無事におうちへ ***

ちょうど14日になろうとした頃、ピコちゃんちの家の前に到着。
ピコちゃんのママさんが「窓は開けてるよ」と言っていたが、
「玄関を半分くらい開けて」と、妖精さん。

綺麗に準備してあったベッドに、ピコちゃんをそっと降ろす。

役目を終えた妖精さん達は、開いていた窓からうちへと帰ってきた。





*** ピコちゃんへ ***

ピコちゃん、無事に帰ってきてほんと良かったーーー。
これからはママの背後霊となり、甘えまくって過ごすんだよ。
どんな我儘でもきいてもらえるよー。
美味しいもの、毎日たくさんもらわなきゃね。(食べ過ぎ注意だよーーー)
ナデナデも、ヨシヨシもいっぱいしてもらわなきゃ。
お散歩にも行かなきゃね。
お風呂も一緒に入れるよ。
ママがお風呂に入ると、探してたもんね。
ずっと一緒。ずっと一緒。
これからはずっと一緒なんだよ。
ほら、寂しくないでしょ。
一緒なのに寂しいなんて変だもんね。
ピコちゃん、良かったね。 
幸せだね。

出会えたことに感謝。
神様、ピコちゃんありがとう。




スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

ピコちゃんとぷりん妖精さん 神様へ会いに行く №1



11月11日 午後4時

ピコちゃんが、少しずつ少しずつお空へ昇っていきます。
空で待機している、ぷりんの小さな妖精11匹が、
ピコちゃんを楕円の形になるように集めています。

全てを集め終わり、
それはふんわりとした綿あめのようです。

ぷりんの妖精さんは全部で11匹。
1匹が先導役で、残りの10匹がピコちゃんをそっと抱え上げています。

さぁ。
神様の元へ出発です。





午後11時 雨が降ってきました。

「ぷ~たんちゃん、ピコちゃんと妖精さん達は大丈夫かな?」って聞いてみました。

「雲はずっと下の方だから雨は降ってないし、お星様がキラキラだよ」って。

良かった。

(ぷ~たんちゃんは、ねぇねにいつもくっついている1番大きな妖精さんです)

それから数時間後、ピコちゃんと妖精さん達は神様の元へ到着しました。





***  動物たちの楽園 ***

ここは亡くなった動物達が集う楽園です。
地上から高い所にあるのですが、距離はそう遠くはありません。

入り口にはモアイ像の様に大きくてゴツイ門番さんが2体ドーンと立っています。

門番さんの間を通って中に入ると、
沢山の動物達がおもいおもいに好きな事をして、
のんびりゆったりと過ごしています。

大きなあくびが沢山見えます。
大きな風船のようなものに入って、宙に浮いている子もいれば、
水遊びをしている子もいます。
みんなとても幸せそう。

そんなほんわかとした優しい場所を通り過ぎ、奥まで行くと、
動物たちの神様がいます。

神様はモアイ像の様な門番さんが更に巨大化した形をしています。
見た目はちょっと怖い感じです。

神様は
「ココで暮らしたい子はココにいれば良いし、おうちに帰りたい子は帰っていいよ。」
と、言われます。
「ただし、1年に1度、命日の辺りに私の所に来て、近況を報告しなさいね。」と。
「そろそろ神様の所で暮らそうかな。」って子はココに住めば良いし、
「おうちがいいよ。」って子は、おうちに帰って人の側にいれば良い、って言われます。

おうちへ帰る子は、「おうちへ帰るハンコ」をもらいます。
そして1年後。またココに来て、おうちに帰る時はハンコをもらいます。





***  ピコちゃん、神様に怒られる、、、 ***

門番さんに「こんにちは」して、中に入ったピコちゃんと妖精さん。
ピコちゃんは神様の元へ進むにつれ、少しずつ目覚めてきました。
神様の近くまで着いた時、モゾモゾと動きだしたので、
妖精さん達はピコちゃんをそっと降ろしました。

妖精
「神様こんにちは。 ピコちゃんを連れてきたよ。
ピコちゃんはママさんが大好きで、
ママさんもピコちゃんが大好きだからお家に帰りたいです。
神様、ピコちゃんにハンコ下さい。」

ぷりんの妖精さん達がそう言って神様にご挨拶してるのに、
ピコちゃんは神様におしりを向けて落ち着かない。。。
どうやら、食べ物の匂いが気になって気になって仕方ないよう。。。

妖精
「ピコちゃんちょっと! ちゃんと神様にご挨拶してよ!」
と言っても、全然聞く耳持たない。。。

それをジッと見ていた神様は、業を煮やしたようで持っていた杖をドン!!
そのとたん、
ピコちゃんと妖精さんの背後に、上から壁がドンドンドンと3~4枚落ちてきた!!

ビックリしたピコちゃんと妖精さん。。。
神様が食べ物の匂いを完全にシャットダウン。

少し落ち着いたところで、やっと神様の前にちゃんとお座りしたピコちゃん。
ピコちゃんは無口でなかなかご挨拶しないので、代わりに妖精さんがもう1度ご挨拶。
なんとかかんとか「おうちへ帰るハンコ」をもらえたのでした。

先が思いやられる。。。





続く




テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

ピコちゃん。



おっとり系で優しくて、可愛いピコちゃん。
11月10日早朝 永眠しました。
17歳2ヶ月と2日。
ほんとによく頑張りました。
ピコちゃんちの子になったのが、17年前の11月11日で、ちょうど丸17年だったそうです。
ピッタリなんて凄いね。
IMGP0764_3.jpg



ぷりんとみるくと仲良くしてくれてありがとう♬
みんな元気だった頃は、毎日のように一緒にお散歩行ったね。
夕方になると家の近所を1時間ほどお散歩して、その後はどちらかの家でお茶するパターン。
「あーーもうこんな時間! 帰らなきゃー。」って。
ついこの間の事なのに、懐かしいな。。。
P1120009.jpg



ピコちゃんが息を引き取る12時間ほど前の事。
ねぇねは急性腸炎がやっと治まりかけ、お粥が食べれる程度に回復していました。
なにかに誘われるようにピコちゃんちに行きました。
いつもと変わらず、ベッドでスヤスヤ寝てました。
寝たきりになって2ヶ月が経ち、床ずれがとても酷くなっていました。
床ずれの部分が布にあたらないように、ままさんが小さい丸い輪っかを手作りしていて、
「ここをもう少しこうしたら良いかな? あーしたら良いかな?」
「直接あたると痛いだろうね」
あーでもない、こーでもない、なんてお喋りをしました。

ピコちゃんには、ぷ~たんちゃんと同胞の小さい妖精さんがだいぶ前からついていて、
妖精さんに「ピコちゃんを頼んだよー」って言って帰りました。

*ねぇねは今週末は実家に帰省する予定にしていたけど、
調子が悪かったのでキャンセルしていました。



その日の夜10時頃ままさんからラインがきて、
「ピコが吐いてる」って。
「少し治まったら、ポカリを薄めたのを飲ませてみて、
朝になっても調子悪そうだったら、朝一で病院行った方がいいよ」
って返信してました。



ねぇねは毎日寝る前に、ぷ~たんの骨しゃんにお線香をあげるのだけど、
お線香はいつも7~8本あげます。
その日、火を付けて外に出たら、
お線香の先が何かにあたり、火が付いた部分全部が真っ暗闇の地面に落ちました。
それが真ん丸なお月様みたいな形になっていて、
ぷ~たんちゃんに「何これ?」って聞くと。
「ピーは今夜が山だよ。」って。。。



朝6時にラインがきて。
「ピコ、ダメだった」って。。。



その日の夕方、ピコちゃんに会いに行きました。
「今から行っても大丈夫?」って聞いたら、
「今から、娘達とお散歩行くよー。」って。



ポカポカ陽気で、とっても気持ちいいお天気。
「ピコはお散歩大好きだったのに、最後の方は行けなかったからね。。。」って。
台車に乗って、通い慣れたお散歩コースへ。
娘さんや息子さん、孫ちゃん達もすぐに来られていて、総勢10名以上。
ピーみんな一緒で嬉しいね。良かったね。
PB100001.jpg



その後、みんなで玄関先に座り込んで話していたら、
娘さんに旦那さんからラインがきて、
「ピコになにか買ってあげなさい。って言ってるけど。」って。
ままさんがねぇねに聞いてみて。と言うので、
「ピー何買ってほしい?」って聞いたら、
「枕」って言ってる、ってぷ~たんちゃんが。
みんなで「枕? 枕?? 枕???」って。
固いのかな?と思って触ってみたけど、頭の下はふわふわタオルだし、
頭が低いってこと?
って、みんなで???でした。



日が傾いて来て、少し寒くなってきたので、お家に入る事になり、
ねぇねはここでピコちゃんとさよならしました。
翌日の火葬場へは、家族大勢で行かれるので遠慮する事にしました。



翌日11日。
ままさんからラインがきました。
PB120001.jpg

PB120003.jpg



このやり取りの後、すぐにままさんから電話が。
「たった今、外に出て、それでスマホをみたら」って。
「ぷーが空を見上げてって言ってるよ」って言いながら、ふたりとも大泣き。。。



その後、ままさんが「昨日の枕の意味が解ったよ」って。
昨日の夜、
みんなよりも遅れてきたお嫁さんに、枕の話をしたら、
「え。それってあれじゃないですか?」って。
亡くなる日の前日、ままさんはお嫁さん達と買い物に行き、
孫ちゃん(赤ちゃん)に小さな枕を買ってあげたんだそうです。
だからたぶん、やきもちを焼いて「私にも!」って。
「孫に枕を買ってあげた事はすっかり忘れてたけど、
絶対そうよ、間違いない、やきもち焼きよる」って。
「でも、、、ちょっと怖い」って。
ぷ~たんちゃんの存在は、100%信じてくれてるままさんだけど、
怖かったみたい。



「いつ帰ってくるか聞いてみるね」って言って、
ぷ~たんちゃんに、
「ピーと妖精さん達はいつ帰ってくる?」って聞いたら、
「3日後の早朝」って言うので、
カレンダーを見ながら、「えっとね。何日かな?」って、
「えー。ちょっと!14日だって、14日はぷりんの月命日よー。
月命日やけん、それまでに帰ってこないかん。って思ったとやろ」ってねぇね。
ままさんは怖い思いをするやら、ビックリするやらで泣き笑い。



ピコちゃん、妖精さん、神様に会ってきちんとご挨拶して、無事に帰ってくるんだよ。
14日、待ってるからね。



そして、ままさんがピコちゃんの存在に気付けるようになりますように。
ぷ~たんちゃんの存在にも気が付いてるから心配ないかな。
寂しいけど、、、寂しくないよ。
大丈夫。大丈夫。





テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

急性腸炎、、、



わたし(ねぇね)は今週初めから原因不明の急性腸炎になり、床にふせてました、、、

お腹が痛くて痛くて、GPが酷いのはもちろんのこと、出血も酷くてビックリ仰天
出血がなかなか止まらず、
ドクターから「外来で出来るのはここまでなので、入院したほうがいいよ」と、言われたけれど、
みるくがいるから「はい」とは言えず、通院の点滴で頑張りました

最初の数日はポカリのみ。
その後数日は、ポカリ、ウイダーインゼリー、カスタードプリン。
そして、重湯が食べれるようになり、お粥が食べれるようになり、
症状は緩和され(出血も止まる)、やっとこさ回復してきました。
まだ怖くてお粥とヨーグルトまでしか食べてないけど、だいぶ元気になりました

今回、驚いた事が4つありました。

① 出血ーGPの影響で腸の何処かが切れてたようだけど、量の多さに驚く

② 初診の時、ドクターに「今から色々検査するからね」と言われ、
  最初にCTを撮られた
  まさか、いきなりCTを撮られるとは思ってもいなくてビックリ

  そして、そのCTを見て、今度がドクターが驚いた
  ねぇねは色んな病気持ちで、
  そのひとつに「肝嚢胞」(肝臓に水の溜まった嚢胞が出来ている)
  があるのだけど、これは遺伝性のもので以前から知っている。
  痛みがなければ、特に治療の必要もないので放置状態。
  弟や従妹も同じ病気持ち。

  嚢胞が大きいし、小さいものも沢山あるのでドクターは驚いたようだ。
  が、
  ねぇね的には、そんなんは今はどーでもいい!!
  結局、今回の腸炎の原因はCTでは解らなかったようだ、、、

③ じぃちゃん(義父さん)が張り切って、「わしが病院連れて行ってやるばい」
  と言うのでお願いした。

  が、病院の駐車場で、前方にヘタクソな初心者がいて、
  じぃちゃんがそのの車を格好よく避けてあげるつもりが、
  自分が15cmほどの高さの障害物に乗り上げガッシャン
  ただでさえお腹が痛いのに、更に痛みが増し冷汗
  結局、タイヤがパンクしてました、、、、、じぃちゃん、、、、、

④ ねぇねが点滴をしている間に、パンクに気が付いたじぃちゃん(83歳)
  そこいらにいた人を捕まえて手伝ってもらい、スペアタイヤに交換していた。
  スペアタイヤがある時代の車でよかったね。
  最近の車はスペア付いてないからね。

  点滴が終わり、とりあえずホッとして車に乗り込む。
  じぃちゃんスピード出さずゆっくり運転
  もうすぐ家に着く手前に狭い路地があり、そこを登っていくのだが、
  登り始めた所で「ガガガガーーーーー」
  じぃちゃん、今度は左のボディーをやってしまいました。
  後で見たら、前から後ろまで線が入ってた。。。



ぷ~たんちゃんと、「もう2度とじぃちゃんの車には乗るまい」と誓ったのでした。


だがじぃちゃん、嫁のねぇねの事を「娘」と可愛い事いうので、憎めないのである


  
  
  

みるくお庭へ & もぐもぐタイム♬



葱系ノビルのせいで、中々お庭に行けなかったみるくちん、、、
入口から手前の方のノビルは除去できたので(たぶん)、久々にお庭に出ました。
PB030003.jpg



東側はノビルが密集して生えてて、まだ除去出来ていない、、、
危ないので先に行かないように、簡易的な柵をしました。
無理やり行くことはないので、これでちょっと安心
PB030004.jpg



ノビルをみつけても、舐めちゃダメだよ~~~
PB030005.jpg



密集して生えている東側を、全て綺麗に除去するのは難しいので、防草シートを買いました。
生えているノビルをどうするか、とか、
どんな風に敷くか、とか、
まだ決めていません。
PB030014.jpg



東側のお隣の敷地から木がはみ出してきているのだけど、
やっと切ってくれる事になり、業者の方が下見にきてました。
切る時に葉っぱや枝が庭に落ちてくるだろうから、
ぜーーんぶ終わって、綺麗サッパリになってから、防草シートの事は考えよう。
PB010003.jpg



久々にお庭を探検して、楽しかったみるくちん
お家(土間)に入ったら、おいちいものみっけ
先日ジャーキーを作ったのだけど、
ジャーキーメーカーの網を、まだ洗わずに放置してました。
底に残っていたジャーキーの屑をうまうま(っ*^ ∇^*c)
PB030008.jpg



10分かけて綺麗に舐め回し、ご満悦~~~
みるく~~~良かったねぇ(o‘∀‘o)*:◦♪
PB030016.jpg



あたちはお嬢様だから、みるくちんみたいな卑しい事はしないでしゅよ~~~
CIMG254500.jpg






テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

ぷみまま♪

Author:ぷみまま♪
長女:ぷりん♪ 次女:みるく♪
のママです☆

ぷりん♪

*script by KT*
みるく♪

*script by KT*
虹の橋のぷ~たん♪   by. ぺろままさん

プリンちゃん2

ぱわふる ぷ~みぃ♪

P503000111.jpg

「わーい」なぷりん& おっさんみるく♪   by.風さんち

P4300030.jpg

(四季)みつけ隊隊員証


10039797597_s.jpg

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
生食 参考書
下記の2冊を参考に生食しています♪
ハースト博士と本村先生の考え方は基本的に同じです。
主な食事は「骨付きの生肉」です。