スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りん姉ちゃん

りんに沢山のお悔やみありがとうございました。

いつまでも悲しんで泣いていてもりんも喜ばないと思うので
今日、りんの事を書いてメソメソから抜け出そうと思います。

長くなりますが良かったら読んで下さい。



りんは11年前にパパぁんがこの辺りで無料で配っている紙面で見つけたわんこでした。
「生後3ヵ月の柴犬譲ります」という記事で
父に「見てきたら?」と言ったのが出会いでした。
(実家では以前に飼っていた柴犬が亡くなって数年経っていました)

父が見に行った時、ほかの子犬達はもう貰われていった後で
りんは残っている子でした。
なんだか弱々しくて「この子大丈夫かな?」って印象だったそうです。
その時、長野オリンピックが開催されていたので
オリンピックマニアのパパぁんが2文字取って「りん」と名付けました。
うちにとってはりんは長女、ぷりんが次女でみるくが三女でした。

実家に来たばかりの頃のりんは「うんともすんとも」言わず
ママは「この子吠える事が出来ないのかしら?」って心配しました。
「ワンって言ってごらん」と何度も話しかけて
ようやく一声出たので褒めると
それから元気にワンワン吠えるようになりました。

あっと言う間に大人になったりんは
甘えん坊で食いしん坊でそして立派な番犬に成長しました。

最初の頃は長いリードで庭に繋がれていたのだけど
ある日、裏の山で父が畑仕事をしていると
リードを噛みちぎって「お父さん!あたち来たよ!」って
ニコニコしながら走ってきたんだそうです。

それから父は庭の回りを全てフェンスで囲み、
りんが庭で自由に生活出来るようにしました。

りんは昼間はもちろんの事、夜の見回りも「自分の大切な仕事」と思っていました。
夜に何か見つけるとワンワン言って父を呼びました。
父が見に行くと、そのほとんどが
芋虫やトカゲやカマキリだったそうです。
そしてある日ワンワン言うりんに「今日は何ね?」と聞くと
そこにいたのはマムシでした。
(この辺りでは夏になると時々ヘビが出ます)
りんを後ろに下がらせて、父が斧でマムシの頭を切り落としたのですが
それを見たりんは「お父さんがやっつけた!」と思ったらしく
ちぎれたマムシの頭に噛みついたんです。
そしてまだ生きていたマムシに顔を噛まれてしまいました。
りんの顔は見る見る腫れ上がり、父と母は急いで夜間救急の獣医を探して
夜中の3時頃、隣の市の獣医まで連れて行きました。
体に毒は回らずにすんだものの、顔の腫れが引くのに2週間位かかったそうです。

完治したりんは何事もなかった様にその後も元気に過ごし番犬として頑張りました。
怪我以外で病院に行く事は無く、とても健康に過ごしていました。

体調に変化があったのは、私達が隣に引っ越してきた頃(半年位前)でした。
たまに足がもつれて倒れるような事があり
先生から「心臓が弱っているようなので、興奮させないように」と言われたらしく
その日からぷりんとみるくはりんと一緒に遊べなくなりました。

亡くなる3週間位前に病院に行った時は
「とにかく開けてみないと解らないので手術をしてみますか?
年齢的な事もあるし、治る保証はないし、痛いおもいさせるし、お金もかかるし、
それでもしますか?」って聞かれて
「入院させるのも可哀想だからこのまま自然にまかせよう」って事にしたんだって。

亡くなる1週間位前からはご飯もあまり食べなくなって
「いつもと違う物をあげれば食べるかも」と思い
ぷ~&みぃのご飯や焼きたてのパンを持っていったりしたんだけど
少しだけ食べて「もういらない」って感じで。

亡くなる4日前(みるくが具合悪くなった日)に母が「全然ご飯食べない」って言うから
「ぷりん達の掛かり付けの病院に連れていってみたら」とママが言うと
すぐに連れて行ったんだけど
先生からは
「今すぐ死んでもおかしくない危険な状態ですから」と
「検査の為に血液を抜くのも、栄養剤を入れる為に注射針を打つのも
それだけでショック死しかねないそんな状態なので何も手の施しようがない」と。。。
先生はりんの姿を見てすぐに危ないと解ったそうなんです。
でも寝たきりではなかったの。
昼間は庭をウロウロしておしっこもうんちも普通に出るし、日向ぼっこしてゆったりして
夜はお家の中で寝ていたの。
ただ、何も食べず、息遣いが少し荒いだけだったのに。。。

その日みるくも腸捻転で具合が悪くなった日だったので
(掛かり付けの病院は夜間は開いてないので、みるくは別の病院へ)
買ってきていたヒルズの高栄養食a/d缶を
「食べないかもしれないけど試しに少しだけあげてみて」と母に渡すと
母が「私の手までかぶり付きそうな程の勢いで食べたよ!」って言うから
(3日ぶりの食事)
父も母もパパぁんもママもすごく嬉しくて
「そんなに好きならこれからはa/d缶を食べさせよう」ってみんなで言っていて。

亡くなった日は、朝11時頃母から電話があったんだけど
「みるくの調子はどう?りんは今日はすごくご機嫌よ!
庭をあちこち歩き回るし、おしっこもうんちも出たし
朝からりんが好きなチキンスープを作ったらガブガブ飲んだよ」って。
だからまさかその30分後に「りん死んだよ」って電話があるなんて思いもしなくて。

その日はりんがお庭に出ている間、母がほとんど付きっきりで見ていて
(父は「今日はりんはすごく元気だから」って自分の病院へ行っていて)
そろそろ父が帰ってくる頃なので
お昼の準備にちょっと家に上がって、レンジをチンして庭を見たら
花壇の向こう側にりんが倒れていたんだって。
今までウロウロしていたのに死んだなんて信じられなくて何度も「りん!りん!」
って呼んで。
それでも死んでるとは思えず
その日はとてもお天気が良くて暑かったので
「こんな暑い所は可哀想、涼しい所に行こう」って抱え上げた時
首がガクって落ちて。。。
その時やっと死んだんだって解ったんだって。
ママはすぐ電話もらって行ったんだけど、
まだ温かくてほんとに死んでるなんて思えなくて…
その時には父も帰ってきていて
「早く自然に戻してあげた方が良いから」って
りんを埋葬する為に家が見渡せる裏の山に穴を掘りに行ったの。
その間ずっとりんを撫で撫でしていっぱいお話したんだけど
少しずつ硬直していくのが解って、もう涙が止まらなくなって。
りんの目は最後まで澄んでいて綺麗で、お腹は柔らかくて。
毛の感触もずっとずっと忘れないよ。
最後はあまり食べれなかったのに全然痩せなくて良かった。
ママにとってはそれが救いだよ。

父が穴掘りから帰ってくると、
新聞紙できれいに包んで
(布よりも紙の方が腐敗が進みやすくて早く土に戻れるらしくて)
父と母とママと3人で最後のお別れをして。埋葬して。
動物に荒らされないように上から石を敷き詰めてまた土や葉っぱを重ねて。
りんは半年も経てば土になり自然界へ戻ります。

山の中だけど日が差し込み平らな場所で実家もうちも見えるし
お父さんが畑仕事をしているのも見えるし
ぷりんとみるくの声も聞こえるでしょ!
りんにとっては最高の場所だよね。

りんとのお別れはあっと言う間の出来事で
いまだに死んでしまったって信じられないんです。
1ヶ月位前までワンワン言って
ママの姿を見ると「美味しいのある?」って言っていたのに。。。



りんの思い出を書いて、心の整理をして、もう泣かないって思っても
やっぱり涙が出ます。
寂しい。


コメントのお返事も訪問も遅れてごめんなさい。

頂き物もあるのですが紹介が遅れてすいません。
ランまま、隆奏さん、ヒナタロウの母さんありがとう。
もうちょっと待っててね。
スポンサーサイト

悲しい

ぷりん&みるくと仲良くしてくれた実家のりん姉ちゃんが
今日午前、心臓疾患の為亡くなりました。
11歳3ヵ月でした。。。

りん。幸せな思い出を沢山ありがとう。

ずっとずっとずっと忘れないよ。

CIMG5191.jpg

CIMG0736.jpg

CIMG0734.jpg

CIMG1391.jpg

CIMG1941.jpg

DCP_0426.jpg

DCP_0428.jpg

CIMG1952.jpg

CIMG1944.jpg

CIMG1946.jpg

CIMG5190.jpg

CIMG4170.jpg

CIMG3372.jpg

CIMG3380.jpg

CIMG4169.jpg

CIMG5201.jpg


すいません。しばらく休みます。

りん姉ちゃん&春をお届け!

りん姉ちゃんち(パパぁんの実家)に行ってきたよ

1週間前に左前足の肉球を怪我したりん姉ちゃん
今日で3回目の病院へ行ってきました
行く前は、
『たぶん傷は治ってて今日で病院通いは終わりかな!』って話してたんだけど、
帰ってきたらしっかりカラー着けたままで…
まだ完全に傷が塞がってなくて、『完治まで、あと1週間位だろう』と言われたそうです。
カラー生活ももぅ少しだよ~ガンバレりん姉ちゃん
食欲と元気はバリバリです
CIMG5191.jpg



りん姉ちゃんちから春のお届けです
CIMG529500.jpg

CIMG530400.jpg

CIMG529100.jpg

CIMG529600.jpg

CIMG527700.jpg

最近植えたばかりの桃の木
CIMG530300.jpg

この木には秋になったら椎茸が生えてきます!楽しみ
CIMG530200.jpg




更新しました
ブログバナ―

ビックリな痛い出来事…りん姉ちゃんがんばれ!

昨日はみんなでりん姉ちゃんち(パパぁんの実家)に行ったんだけど。

パパぁんの実家はりん姉ちゃんがお庭で自由に出来るように、
お庭の回りをグルッとフェンスで囲ってあって外には出られないようにしてあります。
自家製ドッグランみたいな感じです。
りん姉ちゃんのお部屋は、たたみ2畳位の大きな犬小屋がお庭にあります。


いつものように着いてすぐぷりんとみるくをお庭に離して③わんで遊ばせていて、
お母さんとママは玄関入ってすぐの所でお話してました。(その間3分位)
何気なく玄関の入り口の方を見るとタイルの上に血がボタボタ
お母さんもママもビックリして、
りん見て『大丈夫』、ぷりん見て『大丈夫』、みるく見て『大丈夫』と
①わんずつ見たんだけど、すぐには誰が怪我してるのか解らず。
でもよく見るとりん姉ちゃんの左前足の様子がちょっとおかしい。。。
近づいて見てみると左前足裏の肉球辺りから血がボタボタ。。。

新築の現場に行っていたお父さんとパパぁんを大声で呼んで、
とりあえず消毒液と包帯で応急措置。
でも血が止まる気配は全くなくボタボタボタボタ。

ぷりんとみるくの掛かり付けの獣医さんは日曜日もあいているので、
ちょっと遠いけどお父さんとパパぁんとで急いで連れて行きました。

獣医さんへ行っている間、お母さんとママで、
一体何で怪我したのかお庭の中を相当見て回ったけど解らない。。。

②人とりん姉ちゃんは2時間程経ってやっと帰ってきました。
やはり患部は左前足の肉球でナイフで切ったようにスパッと深く切れてたそうです。
患部辺りの毛をバリカンで切って、消毒して、
ホッチキスみたいな器具で3箇所縫い合わせて包帯を巻いてました。
(ホッチキスみたいなのが痛くて鳴いたらしい。。。
あと化膿止めと痛み止めの注射と飲み薬。
そしてりん姉ちゃん初めてのエリザベスカラー~~~

3日後に再度獣医さんへ行って消毒し、1週間後にもう1度。
たぶん1週間経てば、
ホッチキスみたいなのの芯と包帯とエリザベスカラーも外せるだろうとの事。

ただ『その間、土の上はなるべく歩かせないように』と言われたらしくて、
土の上に毛布やらベッドやらを置いてたりん姉ちゃんのお部屋の大改装。
きれいな絨毯を一面にひいてピカピカのお部屋になりました。

病院から帰ってきてりん姉ちゃんは食欲はモリモリでおやつもペロリと元気なんですが、
甘甘なお父さんが~~~エリザベスカラーをしてるのが可哀相らしくて…
(ぷりんもみるくもしょっちゅうコレ付けてるから大丈夫ですよ。
って言ったらちょっとは安心したみたい)
『獣医さんが外して良いと言うまでは絶対に外したらダメですよ』と言っておきました(>.<)
あとおトイレが問題で、いつもする定位置はお部屋からお庭を通って反対側なので、
その場所まで抱っこして連れて行かないと~って言ってました。

結局今朝は左足をビニールで包んで包帯が汚れないようにして、
おトイレの場所まで連れて行ったみたいです。

ご飯食べて、お薬飲んで、元気はあるみたいなんで安心しています。
でも一体何で切ったんだろう??

ぷりんとみるくはただ事じゃない状態を察知したのか昨日はすご~く大人しくしてました。

りん姉ちゃん早くよくなれ~!

2年位前のりん姉ちゃんとぷ~たん
DCP_0426_1.jpg

最近のりん姉ちゃん
CIMG5191.jpg

スリーショットって難しい~~~

みなさんこんばんはぁ♪
今日はみんなでりん姉ちゃんちに行ってきたよ
③わん揃っての可愛い写真を撮りたいんだけど、なかなか難しいなぁ~


りん姉ちゃんとみぃたんはバッチリだけど、ぷ~たんのお顔が変だし~
CIMG520100.jpg

なぜかみんなで下向いてるし~
CIMG519800.jpg
また今度挑戦してみよう


やっと更新しました
ブログバナ―

     
プロフィール

ぷみまま♪

Author:ぷみまま♪
長女:ぷりん♪ 次女:みるく♪
のママです☆

ぷりん♪

*script by KT*
みるく♪

*script by KT*
(四季)みつけ隊隊員証


10039797597_s.jpg

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
画像掲示板


リンク
生食 参考書
下記の2冊を参考に生食しています♪
ハースト博士と本村先生の考え方は基本的に同じです。
主な食事は「骨付きの生肉」です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。