スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷりんのあの日を忘れないために ③

結局、ぷりんは一睡も出来ずに朝を迎えてしまいました。

たまたまですが、この日(24日)からパパは4連休でした。
友達と旅行に行く予定だったけど、キャンセルして家にいました。

24日(木)
パパがいたのでみるくも連れて家族みんなで朝から病院に行きました。

昨日から少しは良くなった?と聞かれ、
ママは変わらない気がする、と答えたけど
パパは強心剤を飲ませた後は少しは良い感じもする、と答えていました。

レントゲンの結果、やはり肺水腫になっていました。
昨日の薬が効かないならちょっとヤバいと言われ、覚悟するようにと。。。

血液検査をしないと、今後の治療が出来ないとの事で、検査を受けました。
待合室では大変だろうから車で待ってても良いよ。と言われ車に行きました。
先生の目にはかなり深刻にうつっていたようです。

血液検査の結果は炎症反応が針を振り切って計れない高さまであがっていました。
でもそれ以外は異常はなく、肝臓も腎臓も悪くないので注射が打てるとの事。

この日は利尿剤、抗生物質、抗炎症剤(ステロイド)の注射を3本打ち、
強心剤の飲み薬も追加で出されました。
一応3日分だしておく、と言われたけど、先生は3日もつかな、、、と思っていたようです。

酸素室の話も聞いたけど、酸素室に入ると出た時のダメージが大きく、
結局酸素室にずっと入れておかないといけない状態になると。
ぷりんの様にケージに慣れていない子には逆に負担になるかも、との事でした。


家に帰り、もうあとどれくらい生きるか解らないから、なんでも良いからぷりんの好きな物を食べさせよう
とパパと話しました。

食べるかな?と思ったけど、口に持っていくと食べてくれます。
本能なのか?食べないと生きられない、と思っているような食べ方でした。

夕方になってもまだ寝ることは出来ず、息は相変わらず苦しそうです。
パパが携帯の酸素スプレーを買ってきたので吸わせてみたけど
この時は効果がないように思えました。

パパもママももう諦めかけていました。
体力が尽きるまでだろうね、、、と。


続く。


スポンサーサイト
     
プロフィール

ぷみまま♪

Author:ぷみまま♪
長女:ぷりん♪ 次女:みるく♪
のママです☆

ぷりん♪

*script by KT*
みるく♪

*script by KT*
(四季)みつけ隊隊員証


10039797597_s.jpg

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
画像掲示板


リンク
生食 参考書
下記の2冊を参考に生食しています♪
ハースト博士と本村先生の考え方は基本的に同じです。
主な食事は「骨付きの生肉」です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。