スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷ~たんまたまた病院へ 病名発覚…

前回の血液検査の結果が良好でやっと落ち着いてきたと思っていたぷ~たん。
でも最近皮膚の調子が悪悪…
手足は舐めて真っ赤だし、お腹の辺りや腕の付け根の黒ずみも酷くなってるし…
かかりつけの先生は皮膚についてはどーも詳しく解らない感じなので、
セカンドオピニオンで別の獣医さん(引越ししたらここにかかる予定)に行ってきました。

顕微鏡検査をし、先生の説明を受けました。

ここからは先生の説明とママの感想。
青が先生赤がママ(心の声)
長いので興味の無い方はスルーしてね。


飼い主さんにはこれからとても言いづらい事を言います。
え~まさか皮膚の他に何か怖い病気でも?

この子の病名は『脂漏症』です。
モニターを見てください。ポツポツあるのが『マラセチア』というカビです。
以前は『脂漏症』と『マラセチア皮膚炎』は別の病気と考えられていましたが、
ココ最近では『脂漏症』=『マラセチア皮膚炎』と考えられています。

ただのアレルギーじゃなかったんだ…

そして飼い主さんに解っていただきたいのは、
この病気は完治する事は絶対にないという事です。
それと歳と共に悪化するという事です。

ぷりんの皮膚の完治は無理だろうって前から思ってたから心の準備はOKだよ。
でも歳と共に悪化するのはなんとか防いであげたいよ。


元はといえば中国の乾燥地帯で育っていたシーズーを
高温多湿な日本で飼う事自体が間違いなんです。
環境に適応できない体であるのは当然です。

中国の乾燥地帯へお引越し!これはちょっと無理…

この病気の治療にステロイドを使う先生もいらっしゃいます。
ステロイドは非常に強い薬で赤みと痒みがすぐに引くのは当然です。
これで治ったと喜ぶ飼い主さんもいらっしゃいます。
でも根本を治している訳ではないので、薬が切れればまた元に戻ります。
そしてまたステロイドを使用する。
何度も使用している内にステロイドは効かなくなります。
ステロイドで1番怖いのは副作用です。
脂漏症で死ぬ事はないけれど、ステロイドの副作用で死にいたる事はあります。
なので私は滅多な事がない限りステロイドは使いません。

ステロイドって怖い薬なのね…

『脂漏症』を治す治療というのは出来ません。
治る事はないのです。
なので治療ではなくコントロールを行いたいと思います。

なんだかマインドコントロールされてるみた~い。イヤイヤそんな事ないよね。

今日ははじめてなので2週間痒み止めが続く注射を1本打とうと思います。
ただ値段が少し高いです。

ぷりんの為ならお金に糸目はつけないよ。(3,800円でした。そんなに高くないね)
度々この注射を打つって感じではないな。


あと飲み薬を2週間分。
この薬は副作用がほとんどない分即効性がなく、
効果が出てくるまでに2~3週間かかります。
2週間経ったら必ず見せて下さい。
そして一生涯定期的に診察する事になります。
調子が良い時は薬を止める時期もあり、悪くなれば薬を再開する。
そうやって体をコントロールしていきます。

ぷりんの痒みが治まってストレスが減ればママはそれだけで嬉しい。

あとジャーキーと人間の食べ物は絶対に与えない事。
これは今まで通りだね。

ご飯は今与えているウォルサムのスキンサポートでかまいません。
他にも皮膚病の為のフードはあるけど、色々やると何が効いているのか解らなくなるので
今のフードをそのまま食べさせて下さい。
シャンプーも同じ理由で他にもあるけど、今まで使っているのをそのまま使って下さい。
(【フジタ製薬】薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー)

わかりました。でも『他にも』っての気になるなぁ。

シャンプーは体の油を洗い流す感じで。
元々油分の少ない背中を触ってみて、少しベタッとした感じであれば洗う。
だいたい週に1回。ベタッとした感じが多ければ週に2回。

背中を触ってみるんだ!これは初めて聞いたよ。


先生の説明を思い出しながら書いてみました。
長くてごめんね。
そんな訳で今日からぷりんの『脂漏症』体コントロールが始まりました。
最初『言いづらい』と言われた時にはドキっとしたけど、
ママの想定範囲内だったのでホッとしました。

心配していた皮膚の黒ずみは慢性的な皮膚炎によるもので、
特に心配はないとの事。

以前に1度だけこの先生に看てもらった事があり、
その時も語る先生だなぁって思ったけど、
今回はセカンドオピニオンである事を告げたせいか更に熱が入っていました。
先生を信じてついていくのでよろしくお願いします。

ps.注射と飲み薬の名前聞くの忘れたぁ…
スポンサーサイト
     

コメント

ぷりチャン頑張って

私も『言い辛い』って書いてるのを見て
ドキッっとしながら読ませて頂きました
これから先ズット大変だと思いますが…
ぷりチャンもママさんも頑張ってください!!
少しでもお薬や痒みが無くなる事を祈ってます!!

ぷ~たん♪

治らないというのがなんといっていいか。。。
以前、飼っていたシェルティーもひどい皮膚炎でいろいろな塗り薬や薬用シャンプー、食事いろいろ注意して大変でした。
だから人事に思えません。
ぷ~みぃまま♪さん、ぷ~たん♪がんばってくださいね。

こうめこゆきママさんへ

他の患者さんが入らない第2診察室に通されるし、
『言いづらい』なんて最初に言われてほんとドキドキでした。
日頃のケアをしっかりしていれば、
そうそう悪化する事はないんじゃないかって思ってます。
いつも心配してくれてありがとう!!
ぷりんもママも頑張ります!!

ヨーキーママさんへ

シェルティちゃんも皮膚炎だったんですね。
わんこの皮膚炎ってなかなか治らないですよね。
ぷりんは治る事はないって言われたので、
悪化しないように日頃のケアをしっかりしていかなくちゃです。
ありがとうございます♪
ぷりんはお風呂が嫌いなんでケアが大変だけど、
ママもぷりんと一緒に頑張ります!!

こんばんわ!!
ぷーたん、治らないなんてチョット辛いね・・・。
ムッシュも、こないだ”あせも”って言われたでしょ?
その時、皮膚が弱いからこの先もっと皮膚の病気になると思うって言われて、かなりショックでした(>_<)
少しでも、痒いのおさまるといいね、ぷーたん!!

chi-koさんへ

シーズーは皮膚の病気になる子多いよね。
実はぷりんも小さい頃、ムッシュくんと同じ事を言われたの(>.<)
3歳位からずっと皮膚が赤いし痒がるし、
アレルギーの検査もしたけど何も引っかからなくて。
今回は病名も解って、対処方法も解ったので良かったと思ってるよ。
驚すようだけど…
ムッシュくんも全体的に皮膚が赤みがかってたら要注意。
この先アトピー、アレルギー、脂漏症なんかの皮膚病が出てくる可能性はあるよ。
ぷりんみたいに長い期間病名も対処法も解らないっ事がないように、
今の内に皮膚に詳しい獣医さんを見つけてた方が良いかも。
何もなければそれが1番だけどね!!
Secre

     
プロフィール

ぷみまま♪

Author:ぷみまま♪
長女:ぷりん♪ 次女:みるく♪
のママです☆

ぷりん♪

*script by KT*
みるく♪

*script by KT*
(四季)みつけ隊隊員証


10039797597_s.jpg

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
画像掲示板


リンク
生食 参考書
下記の2冊を参考に生食しています♪
ハースト博士と本村先生の考え方は基本的に同じです。
主な食事は「骨付きの生肉」です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。