スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院でしたー

昨日、今日と雨でーす



みるくは晴れてようが雨だろうが関係ないけどー
ぷりんは雨の日はかなりテンションが低ーい、、、
具合でも悪いの?と心配になる程なのよー。
でもパパぁんがお仕事から帰ってくると
おもちゃブンブン振り回して超元気になります



今日はぷりんの皮膚のお薬がなくなったので病院に行ってきました
見た目はだいぶ良いので今回はお注射はなしだろうと思っていたのだけど、、、
今回も前回と同様にお注射と真菌を殺す飲み薬2週間分。
それで、、、治療について詳しく聞いてきました。

ママ
「このお注射にはどういう作用があるんですか?」

先生
「この注射は抗生剤です。
ぷりんちゃんの様に細菌性の皮膚病の場合は
副作用が少なく長期にわたって使用できる抗生剤の使用が重要です」

ママ
「長く使うと耐性が出来て効かなくなりませんか?」

先生
「今のぷりんちゃんの状態は弱い菌は死んでいるけど強い菌はまだ生き残っています。
強い菌が残っている状態で抗生剤の使用を止めればまたすぐに悪い状態に戻ってしまいます。
悪くなったので少しの間止めていた抗生剤をまた使うとします。
この様に菌が生き残っている状態で抗生剤を使ったり止めたりする事で耐性が出来てしまいます。
菌が完全に死滅してしまうまで抗生剤を続けて使用する事で耐性が出来るのを防げます。
抗生剤の使用は使う時は徹底して使う、使わない時は全く使わない。が原則です。
これは人が抗生剤を使う時と同じ考え方です。」

ママ
「なぜ錠剤ではなくお注射なんですか?」

先生
「錠剤もあります。効果は注射と同じです。
先程も言ったように抗生剤は使ったり使わなかったりが1番ダメなんです。
錠剤だと飲み忘れたりする事があるでしょ。
なので自分としては2週間効果が持続する注射をお勧めします。」

ママ
「副作用はどうですか?」

先生
「この注射と飲み薬で副作用が出る可能性はほとんどないです。
副作用の心配はしなくて大丈夫です。」

こんなやりとりでした。
ママが見た感じは赤みもだいぶ引いて良さそうな感じだったんだけど
先生が見るとまだまだだって、、、
とにかく悪いつよーい菌を完全に死滅させるまで病院通いは続きそうです。。。
万札はピラピラ飛んで行くけどーーー。
今回は先生を信じて落ち着いた状態までもっていくわよー。
(脂漏症に完治はないのでね、、、落ち着いた状態まで)



みるくもお薬がもうすぐなくなるので診察してもらいました。

みるくは今あるステロイドを飲み終わったら通院終了です♪

去年、手術をした後は「リハビリするように」って言われたけど
今回は手術していないのでリハビリはやらなくていいそうです。
逆にリハビリする事でまた悪くなる可能性もあるそうです。
とは言われても、、、
ちょっと立てるようになったと思ったらー暴れ回って自分でリハビリしてるみぃたん、、、
静かにできんのかねー静かに。

今後、お外をお散歩出来るほど回復するかは解らないけど、、、
今は毎日、元気に明るく過ごしてるのでーまぁ良いか。
悲観しても仕方ないしね。
なるようにしかならんし!



長くなりましたが病院報告でした。
読んでくれてありがとー!
スポンサーサイト
     

コメント

NoTitle

ほんとに脂漏症は厄介ですよね。
うちも一時よくなったと思ったのに
また最近痒みと臭いが・・・
シャンプーしても、もう翌日かその日のうちに
戻っちゃいます。
獣医さんは、この程度なら薬使わずシャンプーで、と言うので・・・
とりあえず、月2回のマイクロバブルと
週2回のおうちシャンプーがんばります。
ぷ~たん、早くおさまるといいですね。
みぃたんもがんばっ!

雛のママさんへ

雛のママさんこんにちはー。

脂漏症、、、ほんと大変ですよね。
なんとか治してあげたいけど、
先生は「絶対に完治はしない」って。
一生、良かったり悪かったりを繰り返すみたいです。。。
華子ちゃんもぷりんもお互いに快適に過ごさせてあげたいですよね。
大変だけどがんばりましょう!
Secre

     
プロフィール

ぷみまま♪

Author:ぷみまま♪
長女:ぷりん♪ 次女:みるく♪
のママです☆

ぷりん♪

*script by KT*
みるく♪

*script by KT*
(四季)みつけ隊隊員証


10039797597_s.jpg

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
画像掲示板


リンク
生食 参考書
下記の2冊を参考に生食しています♪
ハースト博士と本村先生の考え方は基本的に同じです。
主な食事は「骨付きの生肉」です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。