スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~オーストラリアの最高の生の食餌~

賛否両論あるのでね。
書こうか書くまいかほんと悩んだ。。。
日本ではまだまだマイナーだし。

でもでも、
こんなに素晴らしい食事法がある事を多くの方に知ってほしくて。

イアン・ビリング・ハースト博士はバーフを考案した方です。

ぷ~みぃはこの食事法に変えて劇的な変化がありました。

・熟睡する時間が増えました(寝てる時はほとんど熟睡ですzzz)
・おやつを欲しがらなくなりました(ごはんで満足してる為)
・偏食しなくなりました
・毛並みが綺麗になりました(お散歩中よく誉めてもらえます)
・自然と歯石が取れて歯がピカピカになりました(歯磨きしなくてよくなりました)
・ぷりんの皮膚の状態が落ち着いています
・みるくの後ろ足は徐々にですが回復しています
・みるくの腰の痛みは全く出ません
・おしっこがジャージャーでます
・うんちは量が少なくて臭くなくコロンとしたのが出ます
・ふたり共、毎日元気ハツラツでスタミナがあります
・具合が悪そうな日がありません

とにかく全てが良い方向に転じています。
IMGP1647_0.jpg

食事の内容はです。
IMGP1650_0.jpg
生の肉付き骨・犬の場合(肉:骨=1:1)

この食事法は離乳したての子からお年寄りまでみんな食べられます。
(子犬やお年寄り、歯が弱くて骨を噛めない子にはミンチ状になった骨を与えます)

加熱調理しないのでとにかく簡単です。

大型犬でない限り、お金もそんなにかかりません。

栄養不足や偏りの心配もありません。

こんなに素晴らしい食事法をもっと前から知っていれば
ぷりんの皮膚も悪くなる事はなかっただろうし
みるくもヘルニアになる事はなかっただろうとほんとに後悔しています。

mixiのコミュにはバーファー仲間が沢山います。
みなさんとても勉強されていて、ちょっとした質問にも丁寧に答えて下さって(感涙)
コメントのひとつひとつが初心者のぷみままの心の支えになっています。

バーファー仲間がもっともっと増えれば良いなーって思っています。



~オーストラリアの最高の生の食餌~

生食やバーフにちょっとでも興味のある方には是非読んでもらいたいです。
初心者にも解りやすく書かれています。

この本は上のバーフのHPからも購入できますが送料がかかります。
ポチさんだと送料無料です。
スポンサーサイト
     

コメント

NoTitle

こんにちは~(*^_^*)
ぷみままさん、ホント色々と勉強されているね
 凄いわ\(~o~)/
生食にはチョットは関心あるけど、まだまだ実際にやってみようとはなかなかいかないわ
特に肉に関しては、もしするとしてもラックンだけでしょうね
でも、↑を読むと、骨付き生肉以外はあげているかも
おやつの代わりにニンジン生だし
生じゃないけど内臓系はあげている、果物ももちろんあげているから
気付かないけど、似ている事はやっているかもね(*^_^*)

junさんへ

いえいえーそんな事ないよ。

ぷ~みぃはバーフ食にしてほんとに変わったよ。
体の中から漲る力というか
免疫力がグングンあがって健康体になっていくのがすごく解るよ。
ラックンは若いしアレルギーもないからすぐに移行できそうだよ。
内臓、野菜、果物はよくあげてるもんね^^
あとは肉付きの骨だけだね。
バーフ食は肉ではなく骨が重要なの。
骨の中の髄にはわんこに大切な栄養素が凝縮されてるんだって。
その気になったらやってみてねー^^

ps.ぷ~みぃは肉も骨も内臓も全て生で食べるけど
生肉で具合が悪くなった事は1度もないよ。(わんこの胃酸は強靭らしい)
生のしいたけには当たったけどね(>.<);
Secre

     
プロフィール

ぷみまま♪

Author:ぷみまま♪
長女:ぷりん♪ 次女:みるく♪
のママです☆

ぷりん♪

*script by KT*
みるく♪

*script by KT*
(四季)みつけ隊隊員証


10039797597_s.jpg

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
画像掲示板


リンク
生食 参考書
下記の2冊を参考に生食しています♪
ハースト博士と本村先生の考え方は基本的に同じです。
主な食事は「骨付きの生肉」です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。