スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷりんのあの日を忘れないために ④

24日(木)午後4時頃

隣に住む、ぷりんが大好きなじいちゃん、ばあちゃんともう会えないかもしれないので
最後に会わせた方が良いね。とパパと話し、
ベッドに乗せたまま隣に連れて行きました。

この日は天気が良く暖かだったのでベッドごと庭におきました。
ベッドから降りる気配はなく、そのままじいちゃん、ばあちゃんと挨拶しました。
でもおしっこをさせないといけないので、そっとベッドから降ろすと
よろよろしながら立ち上がり、ベッドのすぐ側でおしっこしました。
その後、すぐに連れて帰ったけど、やはりちょっと動くとかなりきついようで
酸素スプレーを吸わせました。

酸素のスプレーはこの後も頻繁に吸わせ、あっと言う間に空になったので
また買いに行き、その後ネットで10本まとめ買いしました。


午後6時20分頃

ベッドに座っていたぷりんが久しぶりに頭を下におろしています。
まさか死んじゃったのかな、、、と思ったら寝てました。
頭をおろして寝るなんて2日ぶりの事です。
とにかく起きるまで静かにしていよう。とパパと話しました。


午後8時20分頃

目が覚めたようです。
まだまだ息が荒くてきつそうです。
少しでも楽になるように酸素を吸わせました。
その後、苦しいながらもお水を飲んだり、おしっこしたり、ご飯を食べたり。


10時頃になり、また頭を下げて寝始めました。
寝れるようになったら回復する可能性が高いと思っていたのでとても嬉しかったです。

目が覚めたら酸素を吸わせ、寝そうになる前にまた酸素を吸わせ、の繰り返しでした。


続く

ぷりんのあの日を忘れないために ③

結局、ぷりんは一睡も出来ずに朝を迎えてしまいました。

たまたまですが、この日(24日)からパパは4連休でした。
友達と旅行に行く予定だったけど、キャンセルして家にいました。

24日(木)
パパがいたのでみるくも連れて家族みんなで朝から病院に行きました。

昨日から少しは良くなった?と聞かれ、
ママは変わらない気がする、と答えたけど
パパは強心剤を飲ませた後は少しは良い感じもする、と答えていました。

レントゲンの結果、やはり肺水腫になっていました。
昨日の薬が効かないならちょっとヤバいと言われ、覚悟するようにと。。。

血液検査をしないと、今後の治療が出来ないとの事で、検査を受けました。
待合室では大変だろうから車で待ってても良いよ。と言われ車に行きました。
先生の目にはかなり深刻にうつっていたようです。

血液検査の結果は炎症反応が針を振り切って計れない高さまであがっていました。
でもそれ以外は異常はなく、肝臓も腎臓も悪くないので注射が打てるとの事。

この日は利尿剤、抗生物質、抗炎症剤(ステロイド)の注射を3本打ち、
強心剤の飲み薬も追加で出されました。
一応3日分だしておく、と言われたけど、先生は3日もつかな、、、と思っていたようです。

酸素室の話も聞いたけど、酸素室に入ると出た時のダメージが大きく、
結局酸素室にずっと入れておかないといけない状態になると。
ぷりんの様にケージに慣れていない子には逆に負担になるかも、との事でした。


家に帰り、もうあとどれくらい生きるか解らないから、なんでも良いからぷりんの好きな物を食べさせよう
とパパと話しました。

食べるかな?と思ったけど、口に持っていくと食べてくれます。
本能なのか?食べないと生きられない、と思っているような食べ方でした。

夕方になってもまだ寝ることは出来ず、息は相変わらず苦しそうです。
パパが携帯の酸素スプレーを買ってきたので吸わせてみたけど
この時は効果がないように思えました。

パパもママももう諦めかけていました。
体力が尽きるまでだろうね、、、と。


続く。


ぷりんのあの日を忘れないために ②


速攻で着替えをし、みるくにお留守番をしてもらい
ぷりんを病院に連れていきました。

聴診の結果、肺水腫になっている可能性が高い、との事で
利尿剤の注射を1本打ち、家に帰って朝と夜に強心剤の飲み薬1錠ずつを与えるように言われました。

それと明日の朝すぐに診断がつくようにとレントゲンを撮りました。

・今日は病院に誰もいなくて入院は出来ないので、家に帰って絶対安静。
(どちらにしても入院は考えてなかったですけど)

・利尿剤を打っているので水を飲みたがると思うけど、がぶ飲みはさせないように

・ご飯は食べるか食べないか解らないけど、量は少なめに

・明日は午前中に受診するように

と指示をうけて帰ってきました。


とにかく薬を飲ませないといけないので、何でもいいから何かに包んで、と思い
ぷりんの好きなさつま芋やカッテージチーズ、スライスチーズを準備して与えてみました。

ぷりんはずっとママのお手手からご飯を食べているので
いつものように一口ずつ与えてみると食べてくれました。

でもお昼になっても、夕方になりパパが帰ってきても、夜になっても、、、
ずっと息は荒いままです。
よろよろしながらお水を飲みに行ったと思ったら、今度は口を開けてハーハー言ってます。
お腹の上下運動が激しいです。

もはや横になる事は出来ず、お座りしたまま顔を上に向けて苦しそう、、、
可哀相でたまりません。

夜中の3時頃に、とうとうママは言ってしまいました。
「そんなに苦しいなら、もう逝ってもいいよ」と。

でもぷりんの目は死んでいませんでした。
「こんな事で私は死ねない」と言っているようでした。


続く

ぷりんのあの日を忘れないために ①

22日(火)の夕方、いつも通りの散歩に行き、
帰ってきたら「おやつ頂戴」と言うので、手作りのささみジャーキーをあげたら
美味しそうに食べてました。

それから1時間ほど経ち、少しぷりんの呼吸が荒いな、、、そんな感じでした。
23時頃、普段通りにご飯を食べました。
でもやっぱりなんか呼吸が荒いです。
(口呼吸ではなく、鼻呼吸です)

今日、ちょっとだけ気になったのは、お散歩で大好きな道を「もう帰ろうよ」と言って立ち止まった事です。
「行きたくないならいいや」と思って、すぐに引き返しました。

0時を過ぎ、呼吸はどんどん荒くなってきました。
3時頃には1秒間に2回鼻で吸ってる感じです。
お腹が上下に激しく動いています。
大好きなビーズクッションの上にいて、顔を上にあげて息をしています。

怖くなってパパを起こしました。
パパは寝ぼけながら「大丈夫大丈夫」と言ってました。

この日(23日)は祭日で病院は休みです。
ぷりんを見ながら「どうしようどうしよう」と思っていたら、いつの間にかウトウトしていました。

6時頃、パパが起きる物音でママも目が覚めました。
ぷりんの容態は変わらずです。とってもきつそう。

7時になり、かかりつけの獣医に電話し、留守電に
「ぷりんの呼吸が荒く、ひと晩中寝られないでいるので診てもらえないか」と入れました。

すぐに電話があり、8時過ぎに出かける用事があるので応急処置しか出来ないが
それで良ければすぐに連れてきてくれ、と。


続く。

風さんありがとう♬

風さんから、みるくにお誕生日プレゼントをた~くさん頂きました~!!
PB150013.jpg


手作りのお洋服♬♬
毎度の事だけど、風さんの腕のよさとセンスのよさに驚きで~す(*´▽`*)
PB150014.jpg


おやつも頂きました~!!
右側は「みるくぼ~ろ」だって~きゃはっ♬
PB150016.jpg


こちらのポ一チも手作り♬ 
風さんは謙遜してるけど、中もとっても綺麗に縫ってある~!!
PB150010.jpg


ぶる~べり~のジュースも嬉しいなぁ!!
すごく濃くて美味しい~♬
PB150012.jpg


金山寺味噌は風さんのお姉さまから!!
義母の分までほんとありがとうございます。
私、金山寺味噌大好きなの~♬ 少しずつ大事に食べま~す(^^♪
PB150021.jpg


こちらはふわふわのお菓子♬
早速、食後のデザートに頂きました~美味しい!!
PB150017.jpg


パッケージが富士山の形で可愛いのぉ~♬♬
PB150018.jpg


ではでは早速試着~!!
キルト生地のお洋服着せたら赤ちゃんみた~い!!
風さ~ん!サイズもバッチリだよ~♬♬
PB150093.jpg


赤いお洋服は活動的にみえるね(^_-)-☆
ちょこっと付いてるフリフリが何とも可愛いの~♬♬
風さん&お姉さま、ほんとにほんとに沢山の素敵なプレゼントありがとう♬♬
みるくも大喜びで~す(*^^)v
PB150094.jpg


ぼ~ろ、めっちゃ旨旨で~しゅ♬ by.みるく
PB150001.jpg
     
プロフィール

ぷみまま♪

Author:ぷみまま♪
長女:ぷりん♪ 次女:みるく♪
のママです☆

ぷりん♪

*script by KT*
みるく♪

*script by KT*
(四季)みつけ隊隊員証


10039797597_s.jpg

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
画像掲示板


リンク
生食 参考書
下記の2冊を参考に生食しています♪
ハースト博士と本村先生の考え方は基本的に同じです。
主な食事は「骨付きの生肉」です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。